浴室リフォームと浴槽のタイプ

浴室リフォームと浴槽のタイプ

浴室リフォームと浴槽のタイプ 浴槽には大きさや深さ、またぐ高さなど違いがあります。これらにより入りやすさが変わってきますのでよく検討して選ぶことが大切です。
和式タイプは深さがあるので肩までつかりたい方に向いています。しかしその分長さがないので、足を伸ばせません。また肩までつかると、水圧の影響を大きくうけて体全体が収縮して、心臓に負担がかかってしまいますので高齢者などに向いていませんのでリフォームするときは注意が必要です。
洋式は足を伸ばしてゆったりと寝た状態で入浴でき、体に負担をかけませんからリラックスできます。またぐ高さも低いので足の不自由な方でも入浴しやすいです。ただ浅いので体が浮いて肩までつかれないため、冬は寒く感じるかもしれません。また滑りやすいので、リフォームの際は高齢者用に手すりの設置が必要になります。
和洋折衷式は和式と洋式のいいところをあわせたものです。足も適度に伸ばせて、肩までつかれます。最近の主流となっています。

リフォームで安全なお風呂にしましょう

リフォームで安全なお風呂にしましょう 家屋の全面リフォームが難しい場合、ある程度絞った場所のみ手を加えることもあるでしょう。中でも優先度が高いスペースがお風呂場です。
一日の疲れを取るための癒やしの場で、日本人には欠かせない場所ですが、一方で危険も潜んでいます。湿った床や石けんの残りなどで滑ることも考えられますし、浴槽と脱衣所の温度差でショック状態を招くなんてこともあり得ます。特に高齢者にとっては交通事故よりも怖い存在だといえるでしょう。
安全にお風呂に入るため、そして、家の中での不幸な事故を起こさないためにも、お風呂場のリフォームが必要なのです。例えば、滑りにくく、乾きやすい床に変えれば転倒の心配が減らせます。浴槽の段差を低くし、手すりを設けることで、つまずき防止になります。
そしてあえてコンパクトにリフォームして掃除をしやすくすれば、カビやウィルスの繁殖を抑えることだって出来るでしょう。目に見えるリスクから、そうでないものまで、様々な安全面からリフォームを考えるのが大切です。

新着情報

◎2023/5/8

情報を追加しました。
>中古住宅をリフォームする場合のコツを認識しておきたい
>一戸建てのリフォームで家族構成に合う設計に変更できる
>リフォーム工事で交わす書類の規約をしっかり読むことが重要
>リフォームでは打ち合わせが重要!イメージを共有しておこう
>住宅のリフォームで屋根と外壁の塗り替えは安全性を確保することが必須です

◎2021/9/8

情報を追加しました。


>リフォーム事例を確認することが安心につながる
>リフォームを行う際にはリノベーションも意識することが重要
>リフォーム費用の相場に関してはネットを使うと大体は理解できます
>リフォームの補助金は事前に十分に調べてから利用することが大切
>リフォームをするなら最新設備の導入を考えてみよう

◎2021/3/4

イメージを掴んでおく
の情報を更新しました。

◎2020/10/30

水回りのリフォーム
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

省エネリフォームとは
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

リビング壁のリフォームは業者に依頼
の情報を更新しました。

◎2019/1/15

優しさと責任が必要なDIY
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

老朽化を発見したら工事を依頼
の情報を更新しました。

◎2018/5/9

手すりを付けるメリット
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

浴室リフォームと浴槽のタイプ
の情報を更新しました。

◎201711/8

リフォームで危険を取り除く
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「リフォーム 浴槽」
に関連するツイート
Twitter

恥ずかしながら掃除があまり好きではないので、リフォーム時の洗濯機置場の足下とか汚れにくい浴槽とかにお金かけたり今もルンバとかフィルターとか防カビ燻煙剤とかに課金している。快適である。

我が家の浴槽が割れたので、思い切ってバスリフォームすることになった。 最初に見積もってもらったところでは200万前後だったけど、ご近所さんのリフォームしたところでは130万だった。オプションつけて135万。 やっぱり比較するのは大切。200万で妥協して契約しなくて良かった(*´ω`*)ホッ

おそうじ浴槽ってやつクソ便利そうじゃない? 実家の風呂これでリフォームできんかな

お風呂リフォーム明日にはお湯出るけど 浴槽誤発注されて来週になる笑

返信先:ありがとうございます!! ただ、今回クロスや浴槽塗装を一部外注してますが、やっぱりプロはスピードも質も圧倒的です。 投資の効率を上げて次のステップに進むには、意図的にいつかDIYを辞めないといけないなぁと思い始めてます。 そのうち戸建辺りで全外注リフォームに挑戦するかもですー!